物質分類物質名作用点植物生理に対する影響・効果
生理活性植物を健全育成させる事により生育促進

等の生理活性を促す

光合成の促進糖分の生産促進
硝酸還元酵素活性硝酸態窒素をアミノ酸、蛋白質へ誘導
葉緑素の老化防止作用葉緑素の分解を抑えて活動葉の寿命延長
気孔の解放作用炭酸ガス、葉面散布資材の吸収向上
細胞分裂作用生長点の生育促進、果実肥大
細胞の発生・成長作用根張りの拡大、養分吸収率の向上
細胞の成長促進分裂後の細胞肥大
アミノ酸各種アミノ酸蛋白質構成葉緑素等酵素、植物体の構成
味の決定要素
メチオニン
(エチレンの前駆物質)
生理活性として機能散布後3・4日でエチレン生成増大
成熟エチレンとして機能する
耐病性肥料的効果により耐病性の向上
ベタイン
(変性アミノ酸)
浸透圧を高める養分吸収力増大
葉面散布剤と相乗効果
水分摂取能力増加水分と一緒に土壌中養分の吸収力増大
抗ストレス能力向上乾燥、過湿、過剰障害、植え傷み、霜害
ビタミン類各種ビタミン酵素の補助機能酵素活性を助ける
酸化防止機能脂質組織の保護
糖類アルギン酸保水力、地力の向上微生物増殖による連作障害の抑制、団粒化、旱魃防止
有害金属と結合無害化、土壌浄化
フコイダン保水粘性が高く地力向上土壌改良効果
ラミナリン連作障害抑制放線菌を増殖し、フザリウム菌を抑える
ミネラル各種ミネラル必要な微量要素の供給欠乏症の予防
葉緑素、酵素を構成して植生機能の向上
(天然素材の為、植物に対して組織バランスがあり、過剰施用の心配が無い)

用途および使用方法メニューへ戻る