オルガノゲルマニウム

ゲルマニウムとは

1885年に発見された元素で、原子記号 Ge、原子番号 32 炭素、ケイ素、スズ、鉛と同族の炭素属元素です。
ゲルマニウムは地殻に1.5ppmしか存在しない希少金属であり、朝鮮人参、田七人参などの漢方薬に含まれる成分とされています。

一時期、金属ゲルマニウムの半導体としての性質を利用したトランジスターやダイオードはエレクトロニクス発展の花形となりましたが、今はシリコンを使ったIC半導体に取って代わっています。

現在、工業的な面において用いられているのは以下のものです。
金属ゲルマニウム:太陽電池(多接合太陽電池)
二酸化ゲルマニウム:赤外線関係のレンズ(添加すると透過性が高くなる)
四塩化ゲルマニウム:光ファイバーの原料(コア部分の光屈折率を高める目的)

ゲルマニウム化合物

無機ゲルマニウム:酸化ゲルマニウム、塩化ゲルマニウム、硫化ゲルマニウムなど
有機ゲルマニウム:βーカルボキシエチルゲルマニウムセスキオキシド など

当社の有機ゲルマニウムはβーカルボキシエチルゲルマニウムセスキオキシド

化学式(GeCH2CH2COOH)2O3
CAS No. 12758-40-6

理化学的性質

外観 無色の結晶または結晶性粉末
性状 無臭、味はわずかに酸味を呈する
溶解性 水に溶解(20°C、1.09%)
ほとんどの有機溶媒に不溶、あるいは難溶 有機酸のため、アルカリ性には極めて溶けやすく、 pH7.4で10%以上溶解する
分解点 >270°C
溶液の液性 酸性
安定なpH域 pH2~12において安定 pH7.4では110°C、15分でも分解しない
安定性 温度、光などに対し、極めて安定
その他 IRで800~900cm-1にGe-Oの特徴的吸収

毒性

急性毒性(マウス) 6,300mg/kg
※塩化ナトリウム(食塩) 4,000mg/kg
※クエン酸 5,040mg/kg
体内動態  ラット試験(100mg/kg投与)
体内に20%~30%吸収、24hrで87%、48hrでほとんどが体外に排出

有機ゲルマニウムの用途、分類及び表記について

食品/効果効能を標榜しない限り食品として認められるものに分類
化粧品/通常、表示はレパゲルマニウム 当社はINCIコードを取得しているため、 表記は「レパゲルマニウム」ではなく、「オルガノゲルマニウム」と表記できます

有機ゲルマニウムで細胞から健康な身体に。

有機ゲルマニウムの主な働き  1

運動不足・食生活の乱れによるストレスを軽減!

有機ゲルマニウムはインターフェロンを誘起し、ストレス対抗物質を作りストレスフリーに。健康な体へと導きます。

有機ゲルマニウムの主な働き  2

ナチュラルキラー物質で、細菌、ウィルスを撲滅!

有機ゲルマニウムはナチュラルキラー細胞を活性化する働きがあります。これにより最近・ウィルスを撲滅します。

有機ゲルマニウムの主な働き  3

活性酸素などで、弱った細胞を元気に!!